魚とり。

 

朝8時ごろ、じつくんとじいちゃんが、

ゴム長を着て近くの船場川に行きました。

 

農区の方が水門を閉められたようで、水かさが浅く、魚がよく見えます。

 

わたしもなおちゃんと一緒について行きました。

 

「ナマズや!」と、じいちゃんの声。

 

じつくんが、様子を見ながら獲りました。

 

家へ持ち帰って、じいちゃんがスケッチをして、すぐに川に放しました。

 

33センチのナマズです。

 

真近に見て、ナマズは楽しい顔だなと思いました。

 

8時でも暑く、じいちゃんもじつ君も汗だく。

 

青空をバックに、じいちゃんと孫の魚とりの風景はいいものです。

 

と同時に、少年の夏だなあ!と思いました。

炎天下。

 

本当に暑い一日でした。

 

版画展に来てくださるのが、ありがたいなあと思いました。

 

川のほとりの美術館から歩いて来てくださったり、自転車で来てくださったり。

 

尋常でない暑さです。

 

なんとかしのいで、暑さ、乗り切りたいですね。

 

 

片付け。

 

昨日の朝から、二階の事務室を片付け始めました。

 

8時を過ぎると、もう暑くて暑くて、汗だくです。

 

雑で版画展をするために、積んであった本を二階に運びました。

岩田さんは本の山に囲まれて寝ています。

 

本が好きな人ですが、今までは、何も置かない部屋でしたから、寝にくいと思うのですが。

 

7月中は版画展ですが、その後のことを考えて、

本、どうするのかな、と言葉にしたら、案の定、

言わない方が良かったようでした。

 

わたしなりに考えてみることにして、

事務室は本棚があるので、そこに本を入れたらいいなあと思って、行動に移しました。

 

実際に、本をどう並べるかは、岩田さんがすることですから

わたしができる範囲のことは事務室を片付けるだけです。

20年以上の本やモノがいっぱいで、

他の部屋の収納できる押入れの片付けから。

 

昨日一日でゴミに3袋出しました。まだ序の口なのに、今朝は、昨日の疲れが残っていました。

 

毎日、災害の片付けの映像を見るたび、

ため息が出ます。

 

わたしの片付けでさえ、汗だくでバテるのに、比較するのも失礼なことです、

本当に大変なことやなあと思います。

 

朝の涼しいうちに、と思いながら、今日は、夕方まで片付けてました。

事務室は冷房がないので、

熱中症にならないように、少しづつ、です。

 

蒸し暑い日。

 

午前中の版画講座に、車の後ろに自転車を積んで出かけました。午後から雨が降ると天気予報で見て、カッパも持って。

 

岩田さんは、講座が終わり、お昼から自転車で、ヘラヘラつうしんを配達に行くのですが、今日は猛暑に加えムシムシ。

熱中症が心配です。

 

夕方帰って来るまでに、夕飯の料理を済ませ、家の熱気を取っておきたいなあと、

3時半からボツボツとりかかりました。

 

今日、ヤマダストアーで坊勢の海老があったので、

茄子と海老を煮てとろみをつける一品。

 

この料理は、お父さんが好きで、亡くなる前に病院に毎日炊いて持って行ったなあと思い出しました。

 

茄子とズッキーニ、シシトウの揚げ浸し。

冷蔵庫で冷やしました。

地キュウリをてるみさんからいただいて、皮を剥き薄く切って塩をして冷やして。

 

汗だくで帰ってきた岩田さん。

あと数軒配達に、銀ちゃんの運転でまた出かけました。

 

本当にたいへんやなあ。

 

真夏の配達、心配です。

 

とにもかくにも、ご苦労様、とビールを飲み、

美味しく夕飯、いただきました。

 

 

野牡丹。

 

雑の入り口の野牡丹が、次々と紫色の花を咲かせています。

 

今日は朝から夕方まで、次々と版画展を見に来て

くださいました。

 

ラジオ体操のお友だちが6人、体操が終わりその足で来てくださって。

村の人たちに見ていただくのも、嬉しいことです。

 

お昼前に版画クラブの高野さん、中塚さんは2回目で、大江さんと一緒に。

 

大江さんが、野牡丹の花は育てるのが難しいけれど、挿し木で増えますよ、と教えてくださいました。

男性の大江さんが、草木に詳しい方だと初めて分かりました。

自宅での版画展でこそです。

 

午後から、片岡洋子さんが、お友だち三人で。

洋子さん、車椅子仕様のレンタカーで御津町から来てくださいました。

雑に、初めて車椅子で上がって頂きました。

洋子さんにとは長いお付き合いになります。

 

俳句をされている仲間の、ちずさんたちが5人で。

御津町の方と顔見知りで、

やあ、不思議やなあーと笑い声しきり。

 

今日は縫いの日で、わたしは出たり入ったりでしたが、

居なくても、とも子さん、てるみさんは縫いをされてるのが気丈夫です。

 

お昼は、鳥ミンチカレーとてるみさんがキュウリとハムの酢の物を。

今日はむし暑い日で、汗をかきかきカレーを食べました。

 

松川さん、三浦さんが。

旧い岩田さんの友だちです。

毎年見に来てくださっています。ありがたいです。

 

5時過ぎには、明石の山本さんが娘さんとお孫さんとお二人と、

姫路動物園の帰りに来てくださいました。

 

今日は一日、雑に笑い声が響いていました。

 

来られた方たちがみなさん、川のほとりでランチを頼んでくださっていたのも、

ありがたいことでした。

 

梅雨明け。

 

九州から近畿も、昨日、梅雨明けしたんですね。

 

昨夜ブログをアップしたあとで分かりました。

 

昨日の朝、初めて、庭でセミの声を聞きました。

セミは分かっているんですね。すごい!

ぎんちゃんにセミの名前を聞くと、ニイニイゼミとクマゼミだそうです。

 

昨日も今日も、空が違います。まだ湿気はありますが、雲が夏の雲で爽やかです。

 

大雨が去り、今度は熱中症対策。

南では大きな台風が来ているし、府中では、今日の昼間に川が氾濫。

いったいどうなってるのか…。

 

そんな中、いつもと変わりなく動いていました。

 

岩田さんの版画教室の日、安西鮮魚さんで、貝を買い、

帰ってすぐに、貝と朝買ったイワシを煮付けました。

 

魚橋さんからいただいた

枝豆ふた袋の豆を切りました。

 

 

枝のまま、一袋を愛子さんに渡そうと思っていたけれど、

手間がかかるから、全部、そうじしました。

 

窓からの風が意外に涼しく、冷房は必要ありませんでした。

 

いただいたピーマンで初めての料理を。

 

中国で昔に買ったセイロを使うのは初めてで、

洗って天日干しして、ピーマンの肉詰めを蒸しました。

 

枝豆を茹でた後、鍋に乗せて10分。簡単でした。

味はあっさりで、次はひと工夫要るようです。

 

 

夕方、愛子さんたちが旅から帰って来ました。

 

やれやれ、無事でよかったよかった。

 

梅雨明けの庭で、早くも、じつくんがセミを獲り、

逃がしやって、はしゃいでいます。

 

わが家に、真夏到来です。

雨の後、急上昇!

 

何日も雨が続いた、晴天の朝。

 

我が家は、掃除洗濯熱、急上昇。

 

シーツや綿の毛布、まくらカバー、全て、洗濯。

 

お風呂場を磨き、床を雑巾がけ。

土間のスノコにカビ発見!

外に出し洗い、干しました。

まあ、なんと、スノコの下は、犬の毛などのひどいゴミ。

土間の掃除です。

 

お天気で部屋が明るいせいか、台所周りの汚れが目立って、磨きはじめ…。

 

シンクの下の扉を開け、ふと、包丁入れが汚いことに気づきました。戸の汚れも、重曹でも取れません。長年のツケみたいな感じです。

 

 

この家に住んでから初めて、包丁差しを外して洗いましたが、なんと、汚いのでしょう。

毎日使ってきたけれど、知らぬが仏でしたね。

 

包丁を研ぎ、もと通りにしまいました。

いい包丁収納を考えたいですが、とりあえず、汚れをきれいにするところまでで。

 

家の中のいつもの掃除の2倍の時間がかかり、汗だく。

お昼前には、クタクタで。

 

雨の後の一気掃除でした。

 

岩田さんが、「また、大雨降るでえ」と言いました。ハハ。

 

お昼寝をして元気回復。

 

洗濯ものもよく乾いてフカフカです。

 

 

 

やっと晴れて。

 

 

 

本当にたいへんな数日でした。

 

被害が甚大な地域の映像を見ると、無残でため息が出ます。

 

今日も雨、という予報が出ていましたが、

曇った空が、少しづつ晴れてきました。

 

今朝の日の出の太陽の輝きは、素晴らしかったです。

 

お天道様が照るのはありがたいなあと、ばあさまのように、手を合わせて感謝しました。

 

暑くても、晴れがいいです。

 

お天気になって、午前中から、夕方まで、版画展に何人もの方が来てくださいました。

 

天にどれほどの水の粒があるんだろう。

いったい、この気候はなんなんだろう。

 

なんでもない日常が、ありがたいなあと、

思うばかりです。

避難勧告の一日。

 

夜中1時半に、スマホから特別警報の知らせのすごい音。

びっくりして一階に降りて、支持通り、テレビを見ると避難勧告が出てます。

あたりを見ても、変わりはなく、また二階へ。

 

一日中、避難勧告が出たり、解除になったり、また警報。

市川や船場川は、今のところ、被害はないようです。

避難勧告は出ていましたが、避難することもなく

家にずっといました。

 

遠方から、大丈夫?と心配して電話やメールをいただきました。

 

テレビを見ると、あちこちがひどい被害です。

 

水の力は、凄いです。

 

今朝早く、ラジオ体操の仲間のおうちに、やまざるさんの手打ちうどんを配達しました。

五軒です。

 

長靴とカッパを着て行きました。

 

 

今日も一日、縫い物をしました。

久々に自分のパンツを縫いました。

 

明日は雨が収まって欲しいです。

縫いは楽し。


「おばあちゃん、旅行に行くのに、ズボンつくって」と、じつくんが言いました。


いつもはいているのは普段着やから、こざっぱりしたパンツが欲しいんやなあ、と思いました。


朝から雨の、こんな日は、縫いものがいいですね。

落ち着いて縫えます。


朝9時過ぎから始めて、お昼までに、4本のパンツが縫えました。


夕方から、リバーシブルの生地で、ポケットも、表裏につけて、リバーシブルパンツが完成。


ハギレで、手提げ袋も。


子どもの服は、残りギレでできますから、いろいろ工夫して作るのが楽しいです。どんどん作りたくなるんです。


縫いを再開したのは、じつ君の服を作り始めたからで、一歳のときです。


縫いながら、喜ぶかな?似合うかな?と想像するのも楽しみです。


旅行に来て行く服を作らせてもらうのも、幸せ。


縫い上がったのを見て、じつ君、大喜び。

毎日、履き替えるから、全部持って行く!と。


雨の中の出発です。

無事を願います。


雨だろうがきっと楽しい旅になるでしょうね。