初物。

 

山根さんが採りたての竹の子とワケギをくださいました。

 

初物です。

 

いま、竹の子を茹でています。

 

明日、炊くのが楽しみです。

 

今日は、雨が降ったり止んだり、強い風が吹いたり。

そんな中、窯入れをして、本焼きを始めました。

 

なんとか、いい焼き上がりになりますようにと、

思っています。

 

さて、今夜は、久しぶりに、ハンバーグをシチューにしました。

たまには、洋風のおかずもいいですね。

 

 

 

雨の日の作業。

 

 

今日は10時ごろから雨が降り出し、

夕方には本格的に降り、まるで、梅雨みたいな感じです。

 

午前中は、素焼きを出して、ヤスリがけをしました。

お昼から、雨が小降りになったのをみはらかって、

ザラザラしている土のカスを洗いました。

 

来週までに、焼き上げるためには、今日、釉薬を

かけておきたいので、室内の釉がけです。

 

 

素焼きは一区切り。

来週は、三回本焼きする予定です。

待ったなし、と言ったところです。

 

外の洗い場と、工房とを行き来しているうちに、

作業服が濡れて、肌寒くなって、夕飯前に、ひと風呂です。

 

ネギを沢山頂いたので、鳥肉ですき焼き風にしていただきます。

 

今日は、鍋ものでもいいくらい、ちょっとひんやり。

雨の日の作業は、ちょっと手間がかかりますが、

落ち着いて仕事ができますね。

 

これも、また、良し、です。

 

 

 

 

お楽しみの日。

 

 

一年に一度か、二度の楽しみです。

今夜、鶴美すしさんに行きました。

 

ジャルズさんで、髪をカットしてもらって、

帰りに、夕食に行くのが、じいちゃん、じつくん、わたしの楽しみです。

「お箸が使えるようになってから、寿司やに一緒に行こう」と

じいちゃんが言って。

 

今日は、新年度や、最近まで、忙しかったご苦労様の食事で、スペシャルです。

 

髪がさっぱりして、ジャルズさんから、鶴美すしさんまで、

お城の生垣沿いに歩いて行きました。

 

今日も、本当に美味しいお料理でした。

 

なんで、こんなに美味しいんだろう、と岩田さんと話ししています。

 

ネタなのか、大将や板前さんの腕なのか。本当に旨い!と言い合っています。

 

長いお付き合いになる鶴美さんです。

 

お父さんと息子さん、おかみさん、娘さん。

家族の、意気の味です。

 

桜吹雪。


ひょうご在来種保存会の毎月の、水曜会が、

今夜は、夢前川沿いの桜の木の下で。


花見弁当、味噌汁、ノビルの和え物をいただいていると雨が強くなって、建物の倉庫に移動しました。


岩田さんと二人で参加しましたが、着いたときは暗くなっていていました。


お弁当を開けると、花びらがハラハラ。


こんな花見も初めてやなあ、と口々に。


暖をとるため、ストーブや座布団や、焼き鳥も

準備してくださっていました。


桜の花も今夜の雨風で終わりかなあと言いながら帰ってきました。


花吹雪がほんとうに綺麗でした。

花見時。

 

松村先生に頂いて植えた50球のチューリップの

花が満開です。

 

今日、園芸店で、花が咲いたら、球根のために花を切るのが良いと聞きました。

 

愛子さんが切ってくれて、みんなで分けました。

 

松村先生、白いチューリップ、綺麗です。ありがとうございます。窓際に飾らせてもらいました。

 

 

花見時は、桜の花が満開の時をいうようですが、

チューリップも、今日が花見時でした。

 

大好きな桜にも、今日こそは、と会いに行きました。

町内の市川のそばの大木で、岩田さんが小学生のとき、

みんなで植えた、と今日初めて聞きました。

昨年は、ミンミンたちと散歩して見に行きました。

 

枝ぶり、幹が見事です。

 

花見時です、今年もありがとう。

 

 

 

面白い顔。


お皿を一個づつロクロで挽いて、板から切り離すと、うすく粘土が残ります。


工房にようすを見にやってきた実くんが、

何やら手を動かしています。


「怒った顔、笑った顔、泣いた顔や」と言うのを見ると、面白い顔です。


子どもの発想は、ほんとに、楽しいですね。





花見粥。

 

 

 

 

99回目の朝粥の会です。

 

今日から四月。新年度、入学など、新しいことが始まる四月です。

 

今朝は満開の桜の花に添うように、花見粥です。

小桜エビが乗ったお粥、甘い卵焼き、菜花漬け、春キャベツのピクルス、揖保川トマト。

 

嬉しくなるメニューです。

 

リニューアル工事もあとひと息、4月16日には、

リニューアルオープンです。

 

昨日で、町内の婦人部、隣保長の仕事も終わり、

次の方にバトンタッチしました。

 

四月、清々しい気持ちでスタートですね。

桜と月。

今夜は、川のほとりの美術館で、十五夜の物語がありました。


今夜は、久しぶりにきれいな満月です。


満月、満開の桜が一緒に見れるなんて!と、

おばちゃんに扮した小林みね子さんが、一人芝居の中で言われていたとおりですね。


今朝5時。ミンミンたちを連れて外に出ると、西の空に満月が煌々と輝いていました。


昨夜観た映画、「宮沢賢治の食卓」で、恋を語る賢治が、桃色の月、と表現していて、ん?と思いました。白ではないのだ、と思ったのですが、

今朝のお月さまを見て納得、桃色でした。


今日も一日、工房で作陶でした。


花見に行く人が沢山で、道が渋滞していると聞きました。


桜も月も写真に撮れませんでしたが、今日は、美しい月と、遠くの山桜を見て気持ちが和みました。





山笑う。

 

家から見える山々の山桜の花が、日に日に開花して、山が笑っているようです。

 

毎朝のラジオ体操で、山を見るのが楽しみです。

山笑うは俳句の季語ですね。

 

広峰山や増位山に、山桜を見に行きたいなあ。

 

そう思いながら、今朝も5時くらいから、ロクロを回して夕方まで1日工房にいました。

 

テレビのニュースも、あちこちの桜を紹介しています。

 

岩田さんが、夕方に、ヘラヘラつうしんの配達に出かけました。

 

帰ってきたら、手にケーキ!

 

ヘラヘラつうしんを読んでくださっている、パティスリーAkiraさんで、ケーキを二個買ったようです。

わ!嬉しい!

 

 

桜をイメージされたケーキですね。

スポンジもピンク色。桜の花も乗ってます。

 

山笑う季節。

わたしも、嬉しくてにっこり。

 

 

春の海の幸。

 

 

今日、愛子さんが、安西鮮魚さんで、

鰆と飯蛸を買ってきてくれました。

 

岩田さんは、イカ、蛸が好物です。

 

蛸を塩もみしてくださってたので、そのまま炊きました。お汁は、冷蔵庫に入れました。

明日、お汁で、こんにゃく、ごぼうを煮ます。

 

サワラは、一尾を今日は塩焼き。半分は味噌漬けにしました。

 

安西さんから、めかぶをいただいて、茹でました。

 

佃煮にしようと思います。

 

今日は、夏みたいな気候でしたが、春の海の幸をいただきました。