水まんじゅう。

 

今日も暑い一日でした。

 

縫いの日の今日、とも子さんが水まんじゅうを

作って持って来てくださって、版画展に来られた方に、麦茶と一緒にお出ししました。

 

みなさん、美味しい!と喜んでくださいました。

 

猛暑に、ひんやり、つるんとしたお菓子はいいですね。

ほっといっぷくします。

 

安西さんが、店で焼きたての、イトヨリを持ってきてくれて、酒蒸ししてポン酢で食べよと。

嬉しい暑中見舞です。

 

梅干しの土用干しも無事終わり、甕に戻しました。

やれやれ、です。

 

 

 

今夜はうちで飲み会です。

 

 

岩田さんの友人の、学校の先生7人が播但線に乗って、

我が家の雑での飲み会に来てくださいました。

それぞれ、ご自分の好きなお酒を持ってくる、ということだそうです。

 

ちょくちょく集まっては話しがご馳走、皆さんお酒が好き。

いつもは、町中で飲む会ですが、今夜は、雑で。

 

自宅では、犬が吠えますから、いま、版画展をしている雑で食事をしながら、美味しいお酒を。

 

雑で、以前はよく食事をしていました。

 

雑が片付いて、久しぶりの会です。

 

ちょっと張り切って料理しました。

と言っても、いつものおかずですが。

 

コンニャクと竹輪は昨日煮て、一日冷蔵庫で冷やしました。

暑いので、冷たいものが美味しいかなと。

 

アジの南蛮漬け、カボチャとデカ茄子の天ぷら、三尺きゅうりの漬物塩もみ、

イカと茄子の煮物、あんかけ風。冷やしそうめん。

 

今朝は4時半に起きました。

二階の片付けのラストスパートで、

9時までと時間を決め、午後からは料理を。

 

アジを揚げるのも、天ぷらも、汗だくですが、

久々の夕飯のお客様は、嬉しくて、お料理も楽しかったです。

 

まだ、飲み会、続行中です、

 

 

 

長崎、壱岐から。

 

壱岐に住む、ミチさんから、ミナという貝が届きました。

生きている、新鮮な貝です。

初めての貝で、ニナとも言うようです。

 

ミチさんは高校の同級生で、二年前に、初めてうちに泊まりに来て、

実君も一緒に楽しい夕べを過ごしました。

ずっと、実くんに送りたかったと、届いたミナです。

 

早速、食べ方を聞きました。

 

塩を入れて茹で、再沸騰したら火を止め、しばらく置いてから食べる、ということです。

 

 

ミチさんは、卒業後一番に結婚し、家業を継ぎました。

海女の免状も持っている、元気で愉快な人柄です。

 

このミナは、買ってくれたようですが、いつか、

壱岐に行き、ミチさんが潜るところを見たいものです。

 

ミナに貼り付いた海藻が茹でると、綺麗な緑に。

 

貝がらの奥から身を出すのに夢中。

身は、まるで、サザエの小型のようで、クルクルとした腸まで、とても美味しかったです。

 

壱岐のきれいな海を連想しながら、

暑かった一日の終わりの夕餉が、ふうっと

穏やかな感じがしました。

 

海からの幸、のおかげです。

 

そして、ミチさんの気持ちが嬉しかったです。

 

 

土用干し。


今日から三日三晩、土用干しです。


土用の入りの20日は、外出するし、天気予報では、県下のところどころで、雷雨と言っていたので、土用干しを一日延ばしにして空を見ていました。


ハングルのお友達から、梅雨明けしたら干していいのよ、と聞きました。

土用に干すところ決めていましたが、なるほどなあ、と。それぞれのやり方かまあるんですね。


まあ、お天気は心配ないかな、と今日、甕から梅を出し、大きなザルに並べて、庭で干しました。


今年の梅は柔らかくて美味しそうです。


毎年の、夏のわが家の風物詩です。

サンダル。

 

サンダルとつっかけは、同じモノなんですね。

わたしは、家で四季通じて履いてる外履きはつっかけで、

サンダルは、外出にも履く夏用のモノ、と思っていました。

 

足全体を覆わないのが、総じて、サンダル、だそうです。

 

さて、版画展に来られた中塚さんが、わたしのサンダルを見られ、

先生の奥さんらしからねサンダルですねえと笑いながら言われました。

 

親しいからこそのお話です。

 

そう思って、改めて見るとひどいサンダルやなあ。

それに、最近、サンダルが小さくなったようで履き辛かったんです。

 

サンダルが劣化していると言われ、なるほど。

 

古い黒いサンダルを、中塚さんのおかげで、買い換えることにしました。

 

近所のシューズショップで、アディダスのサンダルがバーゲンで2300円になっていて、

 

岩田さんのと二足、色違いで買いました。

 

岩田さんは、高いなあ!僕やったら、買わへんなぁと言いました。

まあ、ええやんか、とわたし。

 

履き心地はいいです。

新しいから、ゴムが丈夫なのか、足がキュッとします。

 

ハハ、わたしの足が大きいだけかなあ。

 

 

梅田でランチ。

 

午前11時に、大阪駅中央口に集まった6人。

 

グランフロント大阪を通り抜け、道向かいのJRホテルズの、ヴィスキオ大阪の1階、イタリアンキッチン・ヴェルデカッサへ。

 

最近出来たホテルだそうで、平日バイキングが1080円、というから驚きです。

 

PL学園の寮生活をした友人とは、50年の付き合いで、子育てが終わってから、よく集まるようになりました。

地元大淀区に住むエバが、いつも皆んなに声をかけ、行き先を探してくれます。

今回のランチも、場所、価格を吟味して、よく探し出してくれたなあ!と一同口々に。

 

今回も、茨木、伊丹、富田林、奈良の五條市、そして姫路から集まりました。

五條市のモコがご主人が出張で、みんなで久々にランチになりました。

 

ホテルに入って、しばらく待つソファに座ってまもなく、モコが野菜をゴロンと袋から出しました。

4時半に起きて、畑の野菜を収穫して持ってきてくれたのです。

 

 

冷房の効いたおしゃれなホテルのロビー横で、野菜の袋詰めです。その辺が、私たちらしいなあ。きっちりおばさんです。

 

いやはや、モコの気持ちが嬉しいです。

 

食べてしゃべって、あっと言う間の1時間半でした。

 

ホテルから、ノブの雑貨屋さんに歩いて行くことにしましたが、なんせ、38度の都会を横切るのですから。ようやるう!

 

ウエスティンホテルを過ぎ、大淀にあるお店ママンズに到着。

 

 

エバの家のすぐ近くで、亡くなったエバのお父さんの事務所を借りて手作りのものを販売。ノブもオーダー注文を受け、バッグや色々なものを作っています。お母さんの世話をしながら、伊丹から梅田へ出勤。頑張っています。

 

 

エバが自転車で梅田から帰り道買ってきてくれた、アイスと麦茶を飲みながら、話は尽きず。

話題は、ほとんどは毎日の暮らしや家族の事です。

昨日の続きで話が出来るのがいいですね。

 

今回、集まったのは久しぶりです。わたし以外は

みんな3月に伊勢に行って以来です。

 

岩田さんが言いました。

「普通、久しぶりというのは何年ぶり、何十年ぶりと言うんと違うか、

あんたらは、何ヶ月で久しぶり、やからなあ。まあ、この際、エバさんに毎月集まろと言ったらどないや」

と笑って送り出してくれました。

 

みんなと、また会おうね、元気で、と別れました。

 

5時ごろ帰宅して、安西鮮魚さんにお願いしていた、うなぎをいただきました。

今年は、二人で一尾。

岩田さんは夕方から出かけて、入れ違いです。

 

土用のうなぎ。やっぱり美味しい!

 

今日は、楽しい日になりました。

 

 

 

 

コウホネ。

 

昨日、奈良から、石田さんが電車を乗り継ぎ、バケツに入ったコウホネを持って来てくださいました。

 

岩田さんが、春に、石田さんがくださると言われて、車で取りに行かせていただくつもりでしたが、

わたしも体調が悪かったので、行けなかったのです。

 

大きな株が入ったバケツ。

よくお持ちくださったなあと、驚きました。

 

 

石田さんのおうちにあるコウホネ。漢字で河骨、は絶滅危惧種です。

長く、うちの庭の壺に植わっていたのがとうとう無くなり、岩田さんが、石田さんにお願いしたのです。

 

植え方を石田さんが教えてくださいました。

 

土は、荒木田土。肥料は、コウモリの糞から作った、バットグアノ。これにはびっくり。

知らない肥料でした。

昨日、ホームセンターに買いに行き、今朝、岩田さんと一緒に、コウホネを植えました。

 

株が大きいので、用意していた壺は小さくて、ハスを植えていた火鉢に植えることにしました。

 

ハスを出し、メダカをバケツに移し、

教えていただいたとおりに、土の肥料で泥をつくり、植え付けて、水を張りました。

 

 

朝から、庭仕事でした。

岩田さんは、版画の教室へ出かけて行きました。

 

今日も、暑い一日でしたが、大勢の方が来てくださいました。

 

身体を動かすだけで汗が吹き出る日に、わざわざ来てくださって、ありがたいなあと思います。

 

さて、明日は、わたしは、大阪に行き、留守をします。岩田さんは在宅です。

 

高校時代の友人達に会いに行きます。勝手をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き寿司。

 

今日は縫う会の日です。

 

先日、食品ストックを整理していたら、嶋津さんがつくられたかんぴょうが目に留まり戻して煮ていたので、

巻き寿司をしようと準備していました。

 

てるみさんにも手伝ってもらって、今日は巻き寿司、すまし汁、スイカの昼ごはんでした。

 

巻き寿司のランチは初めてかな。

 

 

今日も、暑いのに、版画展にお客様が何人も来てくださいました。ありがたいことです。

 

わたしがお客様と雑に居ても、とも子さんは縫いを、てるみさんは、片付けまで手伝ってくださって。

 

酷暑の一日でした。

 

来てくださった方々や、岩田さんや。

 

みんなに、ご苦労様、ありがとうと言いたい気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デカ茄子。

 

相生の増田さんが送ってくださった、デカ茄子。

普通の茄子の数倍あります。

 

色んな料理をしてみてくれるか、と岩田さんが言いました。

 

まず、船内冷凍の美味しそうなイカと煮ました。

二尾のうち、一尾は下足は煮付け、あとは刺し身に。

 

デカ茄子は、とても柔らかく、煮ても揚げても美味しそうですが、あまりの暑さに、煮物だけにして、

江副さんに教えていただいた、茄子とミョウガ、おろし生姜、ゴマの簡単な漬ものに。

 

 

「イカと茄子、ほんまに、うまかった」と、嬉しそうな岩田さん。

 

暑い一日でしたが、朝から次々と、お客様が来てくださいました。

岩田さんも、今日は、昼寝なしで仕事をしていました。

 

わたしは朝から張り切って、片付けをして、

夕食後は、クタクタで、テレビの映画を見ながら、ほとんど居眠ってました。

 

今から、洗い物です。

 

 

 

本当に暑い日でした。

 

朝7時になると、もう暑いですね。

 

昨日今日と、なおちゃんは保育園がお休みで、

遊んだり、昼寝をしたり、版画展のお客さんが来られると、妹に子守を頼んだり。

 

今日は午後から川のほとりの美術館で、ご夫妻で歌を歌われている、箱庭さんのライブがありました。

 

兄ちゃんに付いて行きたいなおちゃんと自転車で、お昼過ぎに見に行きました。

じりじりと太陽が照り付けて、自転車のハンドルもアチチ!

 

愛子さんたちも準備で忙しそうで、まだどなたも来られていないので、

なおちゃんと早々に帰りましたが、満員のお客様だったようです。

暑い中、有難いことでした。

 

さて、梅干しはうまく漬かっていて、土用を待つばかり。

今年は、生姜を梅と一緒に漬けずに、もみしそで別に漬けます。暑いので、カビが心配なので。

 

ジップロックに入れて、野菜室で保存しようと思っています。

 

今朝、9時開店を待って、ヤマダストアーに新生姜を買いに行き、洗って、陰干ししました。

 

暑いなあ!がすぐ口に出ます。

 

何をしても汗が吹き出ますね。

 

各地の温度を見ると驚きます。

 

しのぐばかりですね。