初夏の味。

 

山口県祝島から、昨日、びわや干し大根が川のほとりの美術館に届きました。

 

30年ほど前には、毎夏のように祝島へ行っていました。

 

今も、特産のびわ茶のラベルは、その当時、岩田さんが描いた絵を使って下さっています。

 

最近、愛子さんがびわ茶を注文して、ショップで販売もしています。

 

代表の坂本さんは、愛子さんが幼い頃をよく覚えてくださっていることも、嬉しいことです。

 

お願いした、びわの実。

 

1パックを岩田さんに、と坂本さんが言って下さって、今朝、さっそくいただきました。

 

果物をあまり食べない岩田さんですが、

 

「4つづつやな」と、パックから出してパクパク。

 

柿、びわ、いちじく。

 

子どもの頃から慣れ親しんだ、甘い果物が好きみたいです。

 

初夏の味。

 

びわ、美味しくいただきました。

コメント