城崎へ。

 

 

今日は、西村屋本館のはなしです。

 

玄関に入ると、正面に中庭が見えます。

お香があちこちに焚かれ、床も柱も磨きあげられ、

落ちついた雰囲気です。

 

案内されて廊下を歩いていくと、脇に、北大路魯山人、浜田庄司の器、棟方志功の彩画が飾ってありました。

 

のっけから、驚きました。

 

しかし、翌日、展示室を見せてもらい、びっくりしました。

全部書きませんが、犬養毅、来館時の書など。すごいコレクションです。

昨日、百四十年と書きましたが、安政年間に開館、百五十年だそうです。 

 

西村屋さんは姫路にも、蟹の店を出され、料理は

たぶん、間違いなく美味しいと思っていました。

 

部屋に入ってすぐにいただいたのは、小ぶりの茶碗に抹茶と、煎茶とお菓子です。

浴衣の合わせ方や、浴衣を着がえ用に二枚用意してくださるのも、細やかな心配りです。

 

さて、夕食の時間です。

案内してくださった方と違う部屋付きの中居さんです。ゆきこさん、優しい感じの方です。

 

客室34、あるようですが、部屋で朝晩食事を運ばれるのは、大変な仕事です。

 

 

驚いたのは、刺し身のツマに、ウドをアヤメの形に。包丁技を感じました。

 

 

こうのとり米をこのお釜で炊いてくださいました。

 

他にまだお料理がありますが、このへんで。

 

 

 

お酒は、地ビール4本セットをいただき、乾杯。

 

丁寧に説明を受けた料理は、料理長の絶え間ない研鑽と、季節と旬を感じ、堪能しました。

コメント