やわらかな陽射し。

 

外は寒いですが、窓からの陽射しはやわらかく春のようです。

 

今日は岩田さんの生涯大学の版画教室が二年コース最終日で、

送り迎えをしました。

 

その足で陶芸材料の丸二陶材さんに粘土を買いに行き、

奥さんとゆっくりお話しして、帰りにJAの旬菜蔵に寄りました。

 

買い物をしないで、食材を減らすなんて言いましたが、

岩田さんと生涯大学のあと、いつも安西鮮魚さんに寄るので、

魚を買わないで帰るのは無理と思い、生姜など、少し買いものしました。

花を何か、と思い、桃かな?と思ったけれど、幹を見ると桜です。

 

窓辺の花を桜にして、陶びなを飾ろうと思いました。

 

 

案の定、安西鮮魚さんに寄ると、いい寒サバがあり、三枚におろしてもらいました。

これで今夜のおかず、決定です。

 

 

切り干し大根の煮物、カブの千枚漬け、鍋に冷凍していた豚ハムや野菜を利用したのと、

朝ごはんには、寒餅をいただいて。

 

今夜のサバの味噌煮。

抜群に美味しかったです。

 

買い物しないのも、あるものだけでがんばろうとするのも、

「あんまり、無理しないで、楽しんでやってね」と

陶びなが微笑んでいるようです。

二日目で早くも、買い物してしまったものねえ…。

 

食材を減らすことは、毎日少しづつですね。

 

窓辺の陶びなは、上田達生さん作です。

 

やさしい陽ざしがよく似合います。

 

 

 

コメント