大晦日。

 

 

 

 

 

愛子さんたちが、今年もありがとう、と紅白のフライパンをプレゼントしてくれました。

 

なんで、欲しかったんが分かるんだろ。

嬉しいなあ!

 

「これで、おせち作ってね」と。

 

よし!頑張ろうと、朝10時からかかり、お昼すぎに終わりました。

 

特別なものでなく、いつもの料理なので早くできたんですね。

 

坪田さんにおせちを届け、喜んでいただきました。

縫った着物を見せると、

「これ何しとってん、あかんやんか」と、

肩のみあげが間違いでした。

言うはたから、手が動きます。

 

大晦日の夕方に、ようやるわ、と二人で笑いました。

 

 

 

坪田さんが縫われてるのを見て、胸がジーンとしました。

90歳。

骨折されているのに、いとわず手と口が動きます。

 

一番年上の友だち。

 

ありがたいなあ。

 

今年もまもなく終わります。

 

まだ出来ていないことを沢山残しながら、これでいいのだ、充分だ、と思っています。

 

毎日の呟きに、お付き合いいただき、

本当にありがとうございました。

 

いいお年をお迎えください。

 

 

コメント