縫う約束。

 

 

今日は半日、二階の洋裁部屋にいました。

朝から曇りで静かな感じがします。

お宮のエノキの枝ぶりがきれいです。

 

11月から、じつ君と約束していた着物。

来年に、と言っても首をタテにふりません。

 

和裁がよく分からず、図書館で本を借りたり、

昨日は、ぼた餅を届けに行き、坪田さんにいろいろ質問しました。

坪田さん、先日自宅で大腿骨骨折されて心配で見に行きました。

ゆっくり動くことはできるみたいで安心しました。

 

ご主人は94歳で、二人暮らし。おせちは黒豆くらいは炊くけど、と

言われたので、煮物中心のおせちやけど持ってくるわ、と言って

小さなお重箱を預かりました。

 

坪田さんから借りた本を見ながら、ゆっくりとりかかりました。

 

着物の仕組みが分かってきたら、夢中になって縫っていました。

運針ができないなあ。

来年は坪田さんに一から教わろうっと。

治られてからボツボツ春くらいからかな。

 

着物の生地はwoolだと思っていたら混紡で、布にアイロンが効きません。紳士ものの背広に使うものだと思います。

 

襟以外はミシンで。

最後の、襟のまつり縫いをしながら、幸せやなあ、と不意に涙がこみ上げました。

 

 

 

夕方出来上がり、

じつ君が、喜んでくれました。

よかったよかった。

試着してみたら、紐の位置やみあげの直しがあり、

すぐに直しました。


 

今夜は夕飯が遅くなりました。

 

 

次男の直ちゃんには、縫ってないなあ。

 

明日はおせちに取り掛かるので、黒豆や数の子、しいたけを水に浸けました。

 

今から、もうひと頑張りで。直ちゃんのズボン縫おうと思っていますが。

さてどこまでできるかな。

コメント