師走。

 

師走の朝。

 

お朔日の朝粥の会、今日で丸八年になるそうです。

 

いっけん君、愛子さん、じつくん、なおたくん。

よく頑張りました。

身びいきですが、朝五時はやはり頑張りがないと、しんどいです。

特に、冬の朝は。

 

そして、朝から来ていただく方のおかげで続けさせていただきました。

ありがとうございます。

 

今日の朝粥は、冬野菜のおかずと大根のお粥です。

 

体が温まります。

 

添えられたプリントに、「私ごとですが」と前置きして、こう書かれてありました。

 

「11月に水上村・川のほとりの美術館を運営する会社を、

母からいっけん君に引き継がせていただきました。

これまでのものを大切に、さらに地域に根ざし、日々日々を繋げていけたらと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします」とありました。

 

世代交代です。

川のほとりの美術館は十九年目になります。

 

 

変わっていくもの、変わらないものがあります。

 

移りゆく季節、一年の終わりの月に、しみじみとして気持ちは穏やかで。

 

師走。

気ぜわしくなりがちですが、

12月は、クリスマスの月、喜びの月です、と書かれてあります。

 

楽しい気持ちで暮らしていきたいですね。

 

 

 

 

 

コメント