のびやかに、かろやかに。

 

今夜は、十五夜の物語、でした。

 

小林みね子さんのひとり芝居、朗読と、SMHの歌を今夜も。

 

SMHの、松川さんが、今夜、オートハープを弾きながら、

歌ってくださった「のびやかに かろやかに」。

 

久しぶりに聞かせてもらいました。

何十年ぶりだと思います。

 

松川さんが、作られたのは多分30年くらい前です。

そのころ、岩田さんも一緒に歌っていました。

 

今も、岩田さんは、しゃべくり、と言っていますが、

講演の、タイトルは、「のびやかに かろやかに」にさせてもらっています。

 

 

「のびやかに かろやかに

 かろやかに  のびやかに

 歌が歌えたら

 歌が歌えたら」

 

今夜は、聞かせてもらいながら、走馬灯のように、思い出が蘇りました。

 

そして、今。

のびやかに かろやかに、生きていきたいなあ、と思っています。

 

歌は、いいなあ!

 

作られた松川さんが、目の前で歌ってくださることが、感動です。

 

日々、暮らしの中の悲喜こもごも。

 

のびやかに かろやかに、と。

 

 

さて、明日から二日間は、町の、いえ、村の祭りに突入です。

 

楽しみながら、頑張ります。

 

家のこのしろ寿司、いなり寿司のおアゲ、おでんの仕込みはできました。

 

雨もやんだようで、明日はお天気みたいです。

 

いざ!

 

 

コメント