牡蠣鉄板matsmotoさん

 

 

 

 

 

姫路市網干区興浜、魚吹津(うすきつ)に、まもなく11月25日に、

ぷーれまつもとさんが、牡蠣鉄板matsumotoさんをオープンされます。

 

食、地の座のメンバーで、親しくさせていただいている松本さんから、

プレオープンにお招きいただいて行かせていただきました。

 

魚吹津は興浜の海のはたで、播磨灘の工場の灯りが遠く近くに見えます。

 

お店の前で松本さん、出迎えてくださいました。

 

 

ぷーれまつもとさんは、鳥肉とトンカツや惣菜の会社です。

この度は、地場産ひろばでの開店です。

 

愛子さんがロゴや店内のディスプレイなど、プロデュースさせていただいているので、

牡蠣鉄板料理を頂くことと、お店に入らせてもらうのが楽しみでした。

 

明るい店内に、若いスタッフ。

爽やかな感じです。

 

 

蒸し牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣ねぎ焼き、

牡蠣スペシャルのお好み焼き。本家、鳥の唐揚げ。

 

どれも、牡蠣たっぷり。

美味しかったです。

 

牡蠣のいろんな料理があります。

 

次に行かせてもらう楽しみができました。

 

お店をオープンするのは、嬉しく楽しみですが、

タイヘンなことだと分かっているのは、

同席していた地の座のメンバーも私たちも同様です。

だからこそ、笑顔で、おめでとう!と言いたいのです。

 

入船出船。

 

人の出入りが、船のようでありますように、と願っています。

 

網干、魚吹津めがけて、牡蠣を食べに是非!

思ったが吉日。

 

今日、注文した即席漬物器が届きました。

 

左の陶器の一夜漬物器は、結婚するときに母が持たせてくれたものです。

それがあるのに、また道具が増えました。

使い方が違うから…とひとり、心の中で言い訳しています。

前にあった即席漬物器が壊れ、一番大きいのを買いました。

大は小を兼ねる。格言が浮かびます。

 

近江八幡の漬物やさんの漬物、美味しいけれど量がちょろこい、と岩田さん。

 

漬物を丼鉢にドンと盛ってほしいようです。

 

それは、塩分がちょっと心配ですが。

 

 

漬物器が届き、またあとで、にしたらいつのことやら。

 

思ったが吉日。

これも、格言ですね。ハハ。

白菜半株漬けれます、とあるので早速に。

 

YAMADAストアーで、白菜の横にゴロンと大きなカブがあり、一つ買いました。

これも、すぐに、千枚漬に。

 

夕飯で少し食べました。

出来たてもあっさり美味しいですね。

 

 

 

明日のために、大きな大根を、スジ肉を茹で、炊き始めました。玉子、こんにゃくも。

この大根、先日買ったのですが、とても美味しくて。

おでん大根とあり、下茹で不要ということで。実際美味しいです。

 

明日、友だちの森田夫婦が、障子と襖の張替えのため神戸から来てくれます。

もしお昼になったら、食べてもらおうと思っています。

今日から作っておけば、あとは、時間が料理してくれます。

 

 

 

夕飯の準備をしながら、あれこれ作りました。

 

漬物器から弾みがつきました。

 

今日も、また、美味しい話しでした。

 

 

みずみずしい野菜。

 

金曜日に野菜が届きます。

嶋津さんのナチュレーゼさんの野菜は、いつもきれいです。

丁寧に扱われているなあと感心しています。

 

名前入りのプリントには、野菜の説明や料理法が書かれてあるのが嬉しいです。

 

うっかりしていると葉物野菜は萎れますから、どんどんいただくことにしています。

 

人参が2種類あります。間引き人参が少しづつ大きくなってきます。

 

料理本を見ながら料理するのが少ないのですが、

今日は、人参と木ノ実のサラダを初めて作ることにしました。

 

なかなか使わないすり鉢と擂り粉木登場。

 

擂り粉木は、辰巳芳子さんお薦めのモノで、探して買いました。台所道具が好きで。モノが増える所以です。ハハ。

今日は、久しぶりに出番です。

 

人参を千切りするのが、やはり手首が痛くて、スライサーを使いました。

 

胡桃をさっと炒って擦り、塩をしておいた人参、干しブドウ、マヨネーズで和えて。簡単でした。

 

 

人参の葉っぱは茹でて胡麻和えに。

今日のお昼ごはんにいただきました。

 

なんか、食べ物の話題が多いですが、

野菜がドンと届くと、よし、料理しよう!と思うんです。

 

届けていただく野菜から、元気を貰っているんですね。

ありがたいなあと思っています。

初冬の便り。

静かな朝です。

 

家の周りの草抜きをしていると、

カサカサカサカサ...と音がします。

 

お宮のエノキの葉っぱが、風は強くないのに、一斉に落ちています。

しばらく見とれていました。

 

こんな風に葉っぱの落ちる音が素敵だなぁと思ったことはあったかなあ。

 

乾いた葉っぱの音は、初冬の便りだと思いました。

 

 

 

いただいた親芋と小芋を茹でて、

小芋は切らないでゴロンと。

今年初めて粕汁にして、お昼ご飯でいただきました。

 

お昼の準備をしながら、夕飯にと、親芋でコロッケを作りました。

 

大きな親芋の皮をむくのは力が要ります。

右手首をへんにねじったのか、軽い捻挫のようで。

お芋を潰すのも、少し手首が痛いです。

 

手は大切な道具だから大切ですね。

 

さて、粕汁、コロッケ。

今日はお芋をたっぷりいただきました。

 

初冬の便り、冬の味です。

 

汗かきました。

  

今日のお昼ごろ、姫路イオンリバーシティー店内を走るように歩くこと50分近く。

汗いっぱいかきました。とにかく広い店内です。


今日、岩田さんは午前中は飾磨公民館で絵手紙講座で、1.30からは高浜公民館で年賀状版画教室です。


お昼を食べて、歩いて行くには、同じ地域でも遠いので、いったん、飾磨公民館に送り、わたしはハングル講座で、お城の近所へ。


さて、お昼をどこで食べようか、待ち合わせをする場所を決めたのですが。

行きがけに、イオンのあの辺の入り口で、と指差したのですが、駐車場に入ルト、方角を勘違いしたようです。


そう気がついたのは、30分も過ぎたころです。

最初は、イオン内のどこか食堂に入るから探してくれと言われたので、二階のレストラン街を一軒づつ中に入り。人で混雑しているフードコーナーにも行き。同じ場所を行ったり来たり。


きっと焦ってるだろう、怒っているだろう、

こんな重いカバンを二つとリュック担いでいるから、きっと岩田さんも汗かいてるだろうなあ。


携帯電話を持たない人なので、連絡できません。スマホを見ると、非通知の着信が。きっと岩田さんだ、公衆電話からだ、と。


こうなれば、店内放送だと頼んでいたら、遠くに岩田さんが歩いているのが見えて、走りました。

岩田さんは、入り口付近で待っていたのです。昼ごはんは食べないで。


かくして、高浜公民館に直行。すぐ近所のパンやさんで、いくつか買って公民館へ。


そして。


夕方に、ため池の会に、加古川に行くので、2時間、スタバで待って、3.30に迎えに行きました。

これはもう時間きっちりで。


姫路駅に、岩田さんを送り、ほっとしました。


いやはや、汗いっぱいの、冬の日でした。




ジビエ料理。



毎月の骨派句会の日です。


ぴなりさんが、夜の営業をやめられ、若い児島さんの意欲で、ジビエ.燻製のダイニングバーが今月1日からオープン。


ずっとぴなりさんに句会でお世話になってきて、みんなも馴染んでいましたので、今月は、初めてジビエ料理を頂きながらの句会になりました。


ジビエは山野で捕獲した鳥獣の料理だと聞き、少し気がひいてました。わたしは食べものの好き嫌いはないのですが、野生の鳥獣は苦手です。喰わず嫌いでしょうね、ゲテもの料理が嫌いなんで、そんなイメージを持っていたようです。


しかし、今夜頂いた、燻製や鹿肉料理、美味しくいただきました。


店内は満席で若い人たちがいっぱい。


句会をするのを少し躊躇う感じがしました。


今までぴなりさんに、句会の場として気配りして下さったことに改めて気づきました。


ジビエ料理。


初めていただく料理ばかりでしたが、燻製がとても美味しくて、ワインやビールを飲むのに素敵なダイニングバーPINARIさんです。





風邪の日の晩ごはん。

 

岩田さんの風邪もだいぶよくなりましたが、まだ咳が残っています。

体にやさしいご飯を、と思いました。

 

お昼から大根、小芋を片岡さんが送って下さった、室津のいりこの出汁で炊き始めました。

こんにゃくとおあげさんも一緒に。

ちくわも肉類も一切入れずにあっさりです。

 

 

ゴロンとした小芋は丸ごと。

大根は、下茹でなしの大根!と言うので、そのまま一緒に。

 

ちょっと体力をつけるために、鳥の肝をゴボウ、人参と1時間くらい煮ました。

これは、みんなの好物です。

 

 

近江八幡の山上さんの白菜重ね漬けも。

 

風邪に優しいおかずをと話してたら、あわじやさんの豆腐を買ってきてくれた愛子さんが

笑いがながら言いました。

 

「おととい、餃子作ってたからビックリしたわ、風邪やのに大丈夫かなと思って。

それで、今日はあっさり、ですか?」と。

 

餃子は、材料の賞味期限で仕方なく。もっとも岩田さんの好物ですから

風邪でも大丈夫。

 

見抜かれてますわ。

 

結局のところ、わたしが食べたいモノを作ってるんです。

 

今夜も美味しくいただきました。

UFO。

 

おとといの餃子の皮が少し残っていたので、UFOというさつまいものお菓子を作りました。

 

UFOは、岩田の母から教えてもらいました。

 

さつまいもを茹でるか蒸してつぶし、少し砂糖を入れて、

餃子の皮二枚の間にはさんで揚げます。

 

その形が、UFOに似ています。

 

今日の晩ご飯は、牛肉とネギ、春雨の鍋にしました。

UFOはおやつですが、ちくわの磯辺揚げをおかずに、

一緒に新しい油で揚げようと思いました。

 

そこへやってきたじつ君。

つぶしたさつまいもが残ったので、一緒に考えて、さつまいもをだんごにして天ぷらの衣をつけ、

ゴマをまぶしたのと、パン粉をつけたスイートコロッケになりました。

 

じつ君が下ごしらえをして、わたしが揚げて、美味しいさつまいもの揚げものになりました。

 

じつ君と、きっちり半分こ。

 

パリパリしたUFO、美味しいです。

懐かしい母のおやつです。

カンガルーポー。

 

居間の床の間に、気持ち新たに花を生けました。

 

今日、ホームセンターに行ったとき、ひと枝100円の面白い花だなあと思って2本買いました。

店員さんに名前を聞くと、カンガルーポーで、

名前の由来は知らないと言われましたが、

形からして、カンガルーの足かなと思いました。

 

調べてみると、オーストラリアの多年草で、

カンガルーの前足に似ていることから、名前が付いたようです。

 

葉っぱがないので、何か身近なモノと合わせようと思いました。

 

カンガルー、オーストラリア…と連想して、庭にあるユーカリの枝を合わせました。

 

窓辺には、以前に永井さんから頂いた、城崎の籠に万葉の花のフジバカマを庭からひと枝。

 

 

生ける時に切ったユーカリの葉っぱも、カゴに入れて窓辺に。

 

いい香りがします。

 

今日は穏やかな陽射しですが、今週は寒くなるらしいですね。

 

風邪にご用心。

お利口さん。

 

 

今日はいいお天気です。

 

午後の日差しの中、階段下のソファでミンミンたちはスースー寝息を立てています。

 

金曜の夜に居間のリフォームが終わり、土日、出かける用事があり、ミンミンたちだけで置いていくのは心配でした。

 

土曜日は、土間からロープでつないで、台所に今迄の大きなクッションを置いて出かけて帰ると、

一日中、マットでオシッコせずに、散歩に出るとすぐにオシッコしました。お利口さんです。

しかし、いままで放し飼いにしていたから、帰った時は、メチャクチャ鳴いて大変です。

 

昨日は、居間に入らないようにつっかえ棒をして、

ロープでつながず、玄関フロアに置いて出かけました。

帰ると、やはり、オシッコはしていません。鳴き方もいつも通りでした。

 

居間の板の間の陽だまりで寝たりしますが、今迄のソファや毛布に寝に行きます。

 

人間も犬も、環境が変わるより、馴染みの場所がいいのでしょうね。

 

今日は、わたしは朝から、居間にあった障子を置く土間の片付けとストーブを出して、

そこに扇風機をしまい、一日中動いてました。

 

ふっと、ミンミン、モンモン、オシッコかな?と声をかけ外に出ると、必ずオシッコします。

 

オシッコマットは、一枚も汚していません。

 

お利口さんです。

 

赤ちゃんと同じで、お母さんの勘で何がしたいかわかるのに似ています。

 

わたしたちが家でゆっくりしていると、犬も落ち着いて元気です。

 

まだ階段のリフォームもありますが、変化に、犬も私たちも慣らしていこうと思っています。